ビジョン・経営戦略

ビジョン・経営戦略

分賦金

 阪神水道企業団は、構成市に水道用水を供給し、必要となる経費を「分賦金」として徴収して事業運営(経営)を行っています。

 分賦金制度は、分賦金に対応する経費を固定費部分と変動費部分に区分する二部制を採用し、各々の分賦割合(単価)を設定しています。

固定費部分…給水量の増減には関係なく固定的に必要とされる費用(職員給与費、施設管理費、物件       費、建設改良費等)

変動費部分…給水量の増減に比例する費用(浄化費、動力費)

 分賦金(固定費部分)の基礎となる年間給水量は、構成市からの要請水量を基に責任水量(分賦基本水量)として定めており、分賦金(変動費部分)の基礎となる年間給水量は、構成市への実績給水量としています。

 また、分賦割合については、算定期間(おおむね4年間ごとの財政計画期間)における所要資金を基礎とした『総括原価方式(資金ベース)』により算定しています。

 なお、令和2年度(令和2年4月1日)に、現行の分賦金制度(二部制)の導入及び分賦割合(単価)の改定(引下げ)を行いました。

分賦金フローの図、詳細は上記。
 
                                    (税抜き)

固定費部分

分賦基本水量までの水量

1㎥当たり    51円06銭

分賦基本水量を超える水量

1㎥当たり    61円27銭

変動費部分

給水量(実績給水量)

1㎥当たり     9円62銭

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画調整課 企画調整係

TEL:078-431-1942(直通)

FAX:078-431-2664

ページの
先頭へ