はんすいを知る

ホーム > 企業長のメッセージ

企業長のメッセージ

280万人の暮らす阪神地域の経済や産業を根底から支える水を創る


阪神水道企業団 企業長の写真

皆さまは、普段使用されている水道水がどこから来て、どのような工程を経てご家庭や学校に届けられているかをご存知でしょうか。

私たちが事業を行う阪神地域(神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、宝塚市)は280万人を超える人々が暮らしており、商業や産業が活発に行われている地域です。

すべての人の生活や経済活動にとって「水」は欠かすことができないものです。

この地域の膨大な水需要を賄うため、私たち『 阪神水道企業団 』は水量が豊富な琵琶湖・淀川水系に水源を求め、浄水場における浄水処理を経て、地中の水道管を通して地域へ水道水をお届けしています。

今では当たり前の存在として、社会基盤の一つとなっている水道は、供給工程に携わる職員一人ひとりの不断の努力によって支えられています。「水道の仕事に就く」ということは、地域の市民生活のみならず、経済や産業を根底から支える社会基盤に携わることと言えます。

阪神水道企業団 企業長の写真

阪神水道企業団は、昭和11年(1936年)に設立され、80年以上の間、途絶えることなく、この地域に水道水を供給してきました。地域のライフラインの一翼を担い、安全な水の安定供給はもとより、高度浄水処理という技術の導入など、よりおいしい水の供給にも努めています。

社会基盤の非常に重要な部分を担っている阪神水道企業団に、使命感ある積極的な方に来ていただきたいと思っています。

私たちと一緒に、「水のスペシャリスト」として、この地域を支える存在になりましょう。

阪神水道企業団 企業長 谷本光司
ページの
先頭へ